昨日の続きです。

砂糖なしで牛乳だけ入れた飲み方の名称はなんていうのですか?

という質問をいただきましたので、

私流の解釈で説明をしたいと思います。

普通にコーヒー牛乳と言う呼び方もありかなと思いますが、

市販の商品のコーヒー牛乳は、ほとんど乳製品の部類に属しています。

その次にカフェオレですが、元々はフランス語でスタンダードな呼び方になっています。

アメリカでもこの呼び方が広く広まっており、普通の濃いコーヒーに牛乳を入れたら

それがカフェオレとなり、普通は砂糖無しで飲まれます。

カフェラッテもミルク入りのコーヒーですが、言葉自体はイタリア語です。

発祥がイタリアであり、本来イタリアではコーヒーのことをエスプレッソと呼んでいます。

なので、カフェラッテはエスプレッソにミルクが入ったものなのです。
ヨーロッパではエスプレッソが一般的で、カフェなどで提供しているのは

エスプレッソを使用したものがカフェラッテと呼ばれています。
ヨーロッパで一般的なエスプレッソは、エスプレッソマシンと呼ばれる

特殊な専用の機械を使って9気圧で抽出したものをいいます。

カフェオレはドリップコーヒーをベースにコーヒーとミルクが5対5の割合であり、

カフェラッテはエスプレッソは2割にミルクが8割となっています。