コーヒー豆は、コーヒーベルト地帯(北緯25度、南緯25度の間)と

呼ばれる熱帯の国で作られています。

年間の平均気温が20度程度で、

標高が約1500mの降雨量の多い地域です。

中でも品質が高いとされるアラビカ種は

標高1000m以上の高地で栽培されています。

寒暖の差が激しい地域で育った豆は

しっかりしたコクと酸味を併せ持っています。

酸は、焙煎の工程で甘みに変化し、

コーヒーに複雑な味和を加えます。

 

これまで長い間流通してきたコーヒー豆は、

例えば、ある農園で味わい深いアラビカ種の

コーヒー豆が収穫できたとしても、

その地域の別の農園や品種の豆と混同されていました。

しかし、2000年にはいり、多くの消費国は

より高品質ので個性的なコーヒー豆を求めるようになりました。

これにより生産国も豆の品質や香味を重視してきました。

どの農園の、どんな品種の豆で、どんな作り方を

しているのかといったトレサビリティー(流通経路)が

明確化されるようになりました。

このことが、ここ数年のスペシャルティーコーヒーのムーブメントなのです。

 

トレサビリティーが明確な豆の香味を

カッピングテストにより点数で採点し

80点以上を獲得した豆にだけスペシャルティーコーヒーという

高品質の称号が与えられるのです。

 

現在スペシャルティーコーヒーの中でも特に品質の高い豆は

単一農園で収穫されたものがほとんどです。

これからのコーヒー豆選びの参考にしてください。

次回はそのような農園の紹介をしていきたいと思います。

一個人世界で一番美味しいコーヒー記事より引用