大きく分けるとコーヒーの品種は二種類に分類されます。

それはロブスタ種とアラビカ種です。

ロブスタ種は主に缶コーヒーやインスタントコーヒーに多く使われます。

アラビカ種は普段ドリップして飲んでいる

レギュラアーコーヒーに使用されています。

 

ロブスタ種はアラビカ種の約二倍のカフェイン含有量です。

ただコーヒーの香味を決定づける成分は

クロロゲン酸やアミノ酸や少糖類等のバランスに左右されます。

なので、カフェインが多い少ないで旨味を

決定するということにはなりません。

 

カフェインが取れればいいという人を除いて

クロロゲン酸やアミノ酸や少糖類等が

バランスよく含有しているアラビカ種が

絶対おススメという結論になります。

アラビカ種に多く含まれる脂質のせいで

飲み過ぎると太ると言われていますが

ペーパードリップを使用することで

ドリップのペーパーに脂質が吸収されますので

心配することは有りません。

なので安心して飲まれてもいいですが

ただ飲み過ぎには注意した方がいいですね。