コーヒーがお好きですか。

コーヒーの香りや味は何と8割が生豆の

良し悪しは豆の品質で決まると言われています。

もちろん焙煎や抽出の工程でも、香りや味に違いは現われますが、

圧倒的な差は最初の生豆の状態の段階で既に出ているのです。

低品質の生豆と高品質の生豆ではコーヒーを入れた時、

違いは一層はっきりとしてきます。

 

例えばあなたがコーヒー好きの方なら、低品質の生豆で

淹れてもらったコーヒーをどう味わうでしょうか。

砂糖やミルクで全く別の飲み物にしてしまいますか?

気を遣って一気に飲み干しますか?

それとも受け付けず残してしまうでしょうか?

それとは逆に高品質の生豆で淹れてもらったコーヒーは、

心から「美味しい」「いい香り」だとコメントするのではないでしょうか。

 

味覚は体調によっても変わります。

また人によって味の好みも様々です。自分が「美味しい」と感じる

ものが必ずしも他の人にとって「美味しいと」感じるものではありません。

しかし高品質の生豆で淹れてもらったたコーヒーは

美味しくて、喜んで飲み干してしまうのではないでしょうか。

 

もし自分が誰かにコーヒーを淹れてあげるとしたら、

「美味しい」「いい香り」だと言って飲んでもらうことを望みます。

ぜひ喜んで飲んでもらいたいものです。

それならぜひ次の点を考慮にいれるとよいかもしれません。

美味しいコーヒーに求める「香り」と「味」の

定義を明確にするということです。

それによって「高品質な豆を見極める」能力も

自ずと身についてくるようです。

では高品質な豆とはどんな豆なのでしょう。

 

高品質の豆を見極める方法。

生豆を焙煎する度合い、いわば焙煎度には幾つか種類がありますが、

今回は浅煎り、深煎り二つの視点から

「香り」と「味」に及ぼす影響をみてみましょう。

 

まず第一に浅煎りの豆は香りが強くて、

産地ごとの個性がはっきりしているという点です。

深煎りに比べると香り成分の排出量は弱いですが、

高品質な豆であれば香り高いものになるようです。

その際香りがフルーティなものなら、

それは芳しい香りになっているはずです。

産地ごとの特色が出ている豆は高品質な豆である可能性が高いようです。

また浅煎りの豆は粘性があり、アフターが持続するということです。

浅煎りの豆は比較的すっきりとしたイメージがありますが、

中でも高品質な豆になるとボディがしっかりしていて

粘性の強いコーヒーが多いということです。ということで飲み終えた後も、

コーヒーの香りが優しく広がり長続きするようです。

 

第二に深煎りの豆は、焦げた香りがなく、また浅煎りと同じ点として

産地ごとの個性がはっきりしているということです。

焙煎を進めていくと、通常、焦げたり煙くさいコーヒーになる確立が高くなります。

それでも高品質の豆なら、豆の密度が高く焙煎に耐える能力を備えていて、

個性が消えてしまうことがないというのです。そこで浅煎り、

深煎りの豆を飲み比べてみて時、違いがわからないとか、

どちらも苦いだけという印象を受けたなら、

その場合いは低品質な豆だと判断してよいのではないでしょうか。

また深煎りの豆は軽やかで飲み口が柔らかいということです。

深煎りの豆はどっしりとしたイメージがありますが、

中でも高品質な豆ほど酸味と苦味のバランスがとれていて

軽やかなコーヒーが多いようです。

それで飲み口が柔らかくて、舌を刺激するような不快な苦味や、

のどが渇くような渋味を味わうことは

ほとんどないということです。

 

 

 

 

 

 

 

(2)軽やかで飲み口が柔らかい

深煎りの豆はどっしりとしたイメージがありますが、高品質な豆ほど酸と苦味のバランスが取れており軽やかな珈琲が多いです。

ゆえに飲み口が柔らかく、舌を刺激するような苦味、のどが乾くような渋味を感じることはほとんどありません。