今回はコーヒーの味についてあれこれ話してみます。

コーヒー豆の勉強を兼ねてよくあっちこっちのコーヒー店巡りをやりますが、

いつも感じるのが、それぞれの店のコンセプトが

分からない店が多いという事です。

「ピーチを感じさせるような味わいをどうぞ!」との誘い文句に

ついついオーダーしてはがっかりする事が多いです。

一口飲んで、「うわー!本当だピーチの味がする」って

感じた事が全然ないからです。

 

コーヒーの味は複雑なので、飲まれる方はそれぞれ味は

千差万別に感じる事でしょう。

なのでピーチ味がするって事に、「あなたはそう感じるのですね」としか

言いようがないのですね。

でも、ジュースのような味がするという表現に

それはないでしょうと思うのは私ばかりではないと思います。

コーヒーを飲んで感じる、かすかな味の違いを

言葉で表現するために言っているのだろうとは思いますが。

 

ときには、「当店自慢のスペシャルブレンドコーヒーは

フルーティーな味がする」という表現をしている専門店もみかけます。

う~ん!私には違和感ばかりです。

 

たぶん、香りと味の表現がごちゃごちゃになっているのだと思います。

香りがフルーツみたいと表現するのが、

正しい表現方法ではないでしょうか?

 

そこであえて、私が分かる範囲でのコーヒーの味についてのお話を。

コーヒーにはシンプルながら3つの味に分けられます。

一つには、苦味

二つには、酸味

三つには、甘み\味

この三つは私にも分かります(汗)

 

例えば、アイスコーヒー用にと

深入りしたコーヒーの味は、苦味が強くて甘味があり、そして酸味は少ないです。

甘味には、苦味とまざってチョコレートのような甘味だったり

酸味とまざってフルーツのような甘味だったりします。

 

思うに甘味は、苦味や酸味の脇役のような感じがします。

甘味が主役になって、しゃしゃり出て表に出てくる事はないです。

コーヒーの甘味って、控えめな昔の日本女性みたいです(笑)

コーヒーの味以外に「キレがある」とか、「コクがある」って言い方しますが

「コクがある」という表現は、味が深い、濃厚であるという意味でしょう。

それでは、キレがあるとはどんな感じなのでしょうか?

私流に言わせれば、まざりっけのないシャープな味と思います。

それはドリップの仕方で左右される抽出方法で

バリスタの技術力がためされると思います。