多くの方が新鮮さが珈琲豆には大事だと理解しています。

完全なる真空状態にできる保存容器を利用して

完璧な状態でコーヒー豆を保存できれば一番理想的な保存方法でしょう。

 

しかし、一般家庭でその様に完全な真空状態を作り出すことは

なかなかで実現できる事ではありません。

では、コーヒー豆を真空に近い状態の容器が必要なのでしょうか。

それはコーヒー豆は倍戦後空気中に触れると、速やかに酸化してしますのです。

そして豆の劣化が顕著になるのです。

 

コーヒー豆の油脂の酸化が、コーヒー豆の劣化のおもな原因だと言われています。

しかし、コーヒー豆の油脂自体に多く含まれている抗酸化成分のお陰で

酸化速度はゆっくりであります。

焙煎後長時間空気中に触れている状態が続くと

コーヒー豆の炭素と空気中の酸素が結合してしまい、

たくさんの二酸化炭素を放出してしまい酸化します。

その様なコーヒー豆の特性から、焙煎後はなるべく早く

真空に近い状態の容器を利用して、保存しければならないのです。

また、コーヒー豆の酸化と一緒に、コーヒーの命とも言われる

コーヒー豆の香りも失ってしまいます。

「コーヒー豆の香りがしないな」という状態の豆は

あきらかに焙煎ご長い間密封しないで放置していたと思われます。
つまり、コーヒー豆の酸化が進み、劣化して香りも失った状態の

最悪の珈琲豆であると言えます。

皆さんもよくよく注意して、焙煎後のコーヒー豆は

すぐさまに密封容器に保存するようにしてください。