ご存知でしょうか。

珈琲の焙煎機には大きく分けて「直火」「半熱風」「完全熱風」の三種類があります。

あくまでも私の好みからの判断と断っておきます。

もし美味しい珈琲を楽しみたいなら「直火」のお店で購入することをおすすめします。

 

あなたが初めてそのお店を利用するなら、まず一番最初に

「直火式焙煎機」であるかそうでないかを尋ねてみるとよいでしょう。

しかし、多くのお店でなぜ「熱風」よる焙煎の手法がとられているのでしょうか。

それは焙煎上の操作やメンテナンスが簡単だからです。

 

特別な資格を有した人でなくても、

とりわけ、珈琲焙煎を始められて日が浅い職人でも

楽に扱えるからです。

「熱風」による焙煎は香味が薄く浅く味気ないものになりがちです。

それで「熱風」を使っている店、言いかえれば直火でない店は

もっと焙煎技術を探求してほしいものです。

 

珈琲を購入する際、焙煎の形式が不明なお店では、

残念なことですがですが「熱風」が使われていると

考えてもよいかもしれません。

例えば通信サイト等でどんなに魅力的な

宣伝文句が書かれていても、

焙煎形式の説明が記されていないなら

本当に価値のある珈琲は期待できないのかもしれません。