調べてみるとおかしくなる原因はいろいろありますが
そのひとつに、コーヒーの抗酸化作用のもとである
ポリフェノールのクロロゲン酸が作用してるのでは
ないかといわれています。

その次の原因としてはインスタントコーヒー、レギュラーコーヒーなどの
生豆の鮮度によるものがあるのではないかと考えられているようです。

また、コーヒーは生鮮食品であるので、焙煎したら
すぐ飲料しなければどんどん酸化腐敗するので、
そのために体調が悪くなるということも原因かもしれません。

その次に、コーヒーを飲みすぎると気持ち悪くなるの原因は、
コーヒーに含まれているカフェインのせいだと思われています。

カフェインはコーヒーだけではなく、緑茶や紅茶にも含まれています。
ただ、コーヒーには100mlあたりの含有量があり、注意が必要と言われています。

カフェインの働きには、胃酸の分泌を促す作用がありますが、
摂取過剰だと胃の粘膜を刺激して、傷つけてしまうらしいのです。

それが空腹時に胃が痛んだり、胸やけや吐き気、食欲不振などを起こす原因です。

いずれにしても、飲みすぎは急性胃炎の原因になりますので注意が必要です。
特にすきっ腹にコーヒーは避けた方がよさそうですね。

結論は、コーヒーの飲み過ぎは良くないということです。