フェアトレードコーヒー豆を購入して、自家焙煎していますというと

ほとんどの方に「フェアトレードコーヒー豆って何?」と聞かれます。

欧米と比較しても、日本ではまだまだ、フェアトレードということが

世間に知られてない状況です。

 

そもそもフェアトレードって何だろうか?

「弱い立場にある、第三世界の生産者に対して

よりよい条件で取引を行うことで、彼らの権利を保障し、

生活環境を改善したり、自立できるように継続的にに支援すること」

と定義されています。

 

具体的には、企業、NGO、NPOなどの販売者・輸入者と生産者の間で

適正価格を設定して長期間にわたり取引することであり、

生産者コストや生産者の生活水準を高めていけるように

必要な賃金を保証することです。

実際はフェアトレードに対して、日本では認知度が低く

広まりが小規模にとどまっています。

 

やんばる珈琲が売れる事により、

フェアトレードがもっと広く認知されるよう

になれば良いなと思っています。